Dribs and Drabs

The author hereby agrees to cover each and every topic that caught his attention.

[本]川畑秀明『脳は美をどう感じるか―アートの脳科学』ちくま新書

このタイトルじゃなかったら,もうちょっと素直に内容が楽しめたんじゃないかな,と思います。 脳は美をどう感じるか―アートの脳科学 (ちくま新書) 作者: 川畑秀明 出版社/メーカー: 筑摩書房 発売日: 2012/10/01 メディア: 新書 購入: 10人 クリック: 198回…

[本]待鳥聡史『代議制民主主義 - 「民意」と「政治家」を問い直す』中公新書

たしかこの本([本]近藤康史『分解するイギリス: 民主主義モデルの漂流』ちくま新書 - Dribs and Drabs)を読んでの流れで,この本を手にするに至りました。 代議制民主主義 - 「民意」と「政治家」を問い直す (中公新書) 作者: 待鳥聡史 出版社/メーカー:…

[本]クルーグマン『International Economics: Theory and Policy, Global Edition』Kindle版が無料

Twitterで見かけた話題ですが,クルーグマンの『International Economics: Theory and Policy, Global Edition』第11版のKindle版が,なぜか無料。今だけなのか永久になのかは分かりませんが,「同時に利用できる端末数: 出版社からの制限により、この本を同…

ABC予想の証明,そして買っていた本

今朝から話題になっていますね。 数学の超難問・ABC予想を「証明」 望月京大教授 | 朝日新聞http://www.asahi.com/articles/ASKDD5Q6MKDDPLBJ007.html 長年にわたって世界中の研究者を悩ませてきた数学の超難問「ABC予想」を証明したとする論文が、国際…

[本]リチャード P. ファインマン『ご冗談でしょう、ファインマンさん』岩波現代文庫

いまさらかよ,って感じですが,いまさら/ようやく読みました。きっかけは,やまもといちろう氏のツイッターでしたかFacebookアカウント(これ),要するに「若いときにこれ読んでたら人生変わっていたかも」という内容。 ご冗談でしょう、ファインマンさん…

地政学について知りたい

地政学とは Wikipediaによりますと,地政学とはこう定義されています。 地政学(ちせいがく、英: Geopolitics:ジオポリティクス、独: Geopolitik:ゲオポリティク、仏: Géopolitique:ジェオポリティク)は、地理的な環境が国家に与える政治的、軍事的、経…

[本]逢阪まさよし+DEEP案内編集部『「東京DEEP案内」が選ぶ 首都圏住みたくない街』駒草出版

これもたしかTwitterでその存在を知った本です。いやー,世の中に知らないことっていっぱいあるんですね……。ボリュームが大きいので一字一句は読んでないですが,眺めるだけでもお腹いっぱい,土地を見る目が変わりました。 「東京DEEP案内」が選ぶ 首都圏住…

[本]都筑卓司『新装版 四次元の世界―超空間から相対性理論へ』ブルーバックス

Twitterかどこかで目にしたので,買って読んでみました。 新装版 四次元の世界―超空間から相対性理論へ (ブルーバックス) 作者: 都筑卓司 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2002/08/20 メディア: 新書 購入: 3人 クリック: 48回 この商品を含むブログ (15件)…

[本]『How Google Works - 私たちの働き方とマネジメント』日経ビジネス人文庫

文庫になったので,ようやく読みました。で,期待通り面白かったです。 How Google Works(ハウ・グーグル・ワークス) 私たちの働き方とマネジメント (日経ビジネス人文庫) 作者: エリック・シュミット,ジョナサン・ローゼンバーグ,アラン・イーグル,ラリー・…

[本]デイヴィッド・J・ハンド『「偶然」の統計学』ハヤカワ・ノンフィクション文庫〈数理を愉しむ〉シリーズ

「偶然」の統計学 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫〈数理を愉しむ〉シリーズ) 作者: デイヴィッド・J・ハンド,松井信彦 出版社/メーカー: 早川書房 発売日: 2017/10/05 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (1件) を見る 内容紹介「ありえない」はずの出来…

[本]森本祐司,松平直之,植村信保『経済価値ベースの保険ERMの本質』きんざい

キャピタスコンサルティングの御三方による新刊です。 経済価値ベースの保険ERMの本質 作者: 森本祐司,松平直之,植村信保 出版社/メーカー: きんざい 発売日: 2017/10/31 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 保険ERM(Enterprise Risk Management)…

[本]近藤康史『分解するイギリス: 民主主義モデルの漂流』ちくま新書

2年3ヶ月間のイギリス滞在中に,スコットランド独立とEU離脱とふたつのレファレンダムを目の当たりにすると,否が応でもイギリスの政治あるいはそのシステムに興味を持たざるをえなかったわけで,改めてこんな本を手に取ってみました。 分解するイギリス: 民…

[本]田崎史郎『安倍官邸の正体』講談社現代新書

安倍官邸の正体 (講談社現代新書) 作者: 田崎史郎 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2014/12/17 メディア: 新書 この商品を含むブログ (5件) を見る 財務官僚は極めて優秀であり,議員会館を回って議員とよく話している。その優秀さと熱心さにおいて,他の省…

[本]岩崎育夫『物語 シンガポールの歴史』中公新書

シンガポール出張に先立ち 今の会社に入ってから6年半にして,初めてAPACの拠点があるシンガポールを訪れることになりまして,遅ればせながらこんな本を読んでみました。知らなかったことばっかりです。 物語 シンガポールの歴史 エリート開発主義国家の200…

最近の読書を通じて思ったこと - 主に「反権力の権力化」ついて

イントロダクション 「25歳のとき左翼にならない人には心がない。35歳になってもまだ左翼のままの人には頭がない。」とウィンストン・チャーチルが言った,というのは間違いらしく,実際にチャーチルが言ったのは「20歳までに自由主義者でなければ情熱が足り…

[本]ジャレド・ダイアモンド『銃・病原菌・鉄』草思社

これもKindle化されていて良かった。単行本で買ったときは読むのに難儀したのに,今回スラスラ読めたのはどうしてだろう。 文庫 銃・病原菌・鉄 (上) 1万3000年にわたる人類史の謎 (草思社文庫) 作者: ジャレド・ダイアモンド,倉骨彰 出版社/メーカー: 草…

[本]結城浩 『数学ガール/ガロア理論』SBクリエイティブ

『数学ガール』シリーズの最新刊,『数学ガール/ガロア理論』。あみだくじから始まる「僕」と「ユーリ」との会話が,自然にガロア理論につながっていく展開に感心しながら,これまで何度も学びたくても二の足を踏んでいたガロア理論の大筋が追えることに,…

[本]塩野七生『ローマ人の物語』新潮社

Kindleで読めて,たいへん重宝しております。 ローマは一日にして成らず──ローマ人の物語[電子版]I 作者: 塩野七生 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2014/04/25 メディア: Kindle版 この商品を含むブログ (3件) を見る ハンニバル戦記──ローマ人の物語[…

[本]モードリス・エクスタインズ『春の祭典 新版――第一次世界大戦とモダン・エイジの誕生』みすず書房

原書のKindle版とみすずからの翻訳とで,すごい価格差ですが……。 春の祭典 新版――第一次世界大戦とモダン・エイジの誕生 作者: モードリス・エクスタインズ,金利光 出版社/メーカー: みすず書房 発売日: 2009/12/18 メディア: 単行本 クリック: 13回 この商…

[本]岩波基礎数学選書 全16冊

個人的な思い出 大学生のときはぜんぜん真面目に数学を勉強していませんでしたが,数学の本は好きでした。「全集」になると,なおさら好きです。読みもしない本を買っては,お金に困ると古本屋に売って……いうのを何度も繰り返していました。苦学生気取りでい…

[本]川北稔『イギリス 繁栄のあとさき』講談社学術文庫

この本を手にしたわけ 保険やアクチュアリーとはまったく関係ないのですが,イギリスで働き暮らしていると,より深くイギリスの歴史や文化について知りたいと思うようになり,手にした本です。(といいつつ,Kindleコンテンツをダウンロードしたので,「本」…

[本]石井隆『最後のリスク引受人―知られざる再保険』保険毎日新聞社

この本を手にしたわけ 私の仕事に直接関わる,再保険のお話でございます。読まないわけにはいきません。 最後のリスク引受人―知られざる再保険 作者: 石井隆 出版社/メーカー: 保険毎日新聞社 発売日: 2011/05 メディア: 単行本 購入: 1人 クリック: 2回 こ…

[本]結城浩『数学文章作法 基礎編』ちくま学芸文庫

この本を手にしたわけ 『数学ガール』の結城浩さんの本で,しかも文章作法について。大学で数学を勉強してそのあと雑誌の編集者をやってた自分としては,興味のど真ん中にある本です。 数学文章作法 基礎編 (ちくま学芸文庫) 作者: 結城浩 出版社/メーカー: …

結城浩氏,「2014年度日本数学会賞出版賞」を受賞

結城浩氏が,『数学ガール』の功績を認められ,「2014年度日本数学会賞出版賞」を受賞したとのこと.素晴らしい!! http://www.hyuki.com/d/201403.html#i20140312220000 といいつつ,まだ読んだことがないので,これをきっかけにポチリします. 数学ガール…

[本]ジョン・ケイ『想定外 なぜ物事は思わぬところでうまくいくのか』ディスカヴァー・トゥエンティワン

想定外 なぜ物事は思わぬところでうまくいくのか 作者: ジョンケイ,青木高夫 出版社/メーカー: ディスカヴァー・トゥエンティワン 発売日: 2012/12/14 メディア: 単行本(ソフトカバー) クリック: 4回 この商品を含むブログ (2件) を見る 「例えば株主利益…

アマゾン,国内でKindleをまもなく発売

アマゾン,国内でKindleをまもなく発売 ロンドンに行ったとき,iPadを持っている人よりKindleを持っている人の方を全然多く見かけて以来,Kindleを買うことを考えていたので,これは吉報。iPadには仕事関係の資料をいっぱい詰め込んでいますが,「書物を読む…