Dribs and Drabs

The author hereby agrees to cover each and every topic that caught his attention.

経済

雨宮正佳「最近の金融政策運営について」,『証券アナリストジジャーナル』2018年3月号,pp.56-70

過去20年間を振り返ると,一時的な要因(持続可能でない要因)で,需給ギャップがプラスになった時期はあるが,基本的には供給超過状況が続いていた。それが16年の終わり頃からようやく,ITバブル(注:00年)や住宅バブル(注:米国,06-07年)の頃よりはよ…

[本]クルーグマン『International Economics: Theory and Policy, Global Edition』Kindle版が無料

Twitterで見かけた話題ですが,クルーグマンの『International Economics: Theory and Policy, Global Edition』第11版のKindle版が,なぜか無料。今だけなのか永久になのかは分かりませんが,「同時に利用できる端末数: 出版社からの制限により、この本を同…

寺澤辰磨「中南米経済の真実」,『証券アナリストジャーナル』52(5),pp.69-72

抜粋 一方のアルゼンチンは,現在急激な通貨切り下げ圧力を受け経済は停滞しているのに対し,コロンビアの通貨は安定し経済も良好に推移しています。 両国の経済政策の結果を比較するには,まず,第2次世界大戦後の国連ラテンアメリカ経済委員会(ECLAC)が…

個人金融資産残高は過去最高の1645兆円|ニッセイ基礎研究所

ニッセイ基礎研究所: 資金循環統計(13年10-12月期)~個人金融資産残高は過去最高の1645兆円、前年比93兆円増http://www.nli-research.co.jp/report/flash/2013/flash13_228.html 2013年12月末の個人金融資産残高は、前年比93兆円増の1645兆円となった 。残…

柯隆「習近平政権下の中国経済」,『証券アナリストジャーナル』52(2),pp.56-66

抜粋 2013年6月と8月に中国に出張し,景気は経済統計より悪くなっていると実感した。その根拠として,広州から深圳までの間で見かけたコンテナトラックの数が1,2年前に比べて激減している。数%という減り方ではなく何分の1という感じである。広州−深圳高速…

[論文]吉羽要直「ストレス状況を勘案した相関構造とリスク合算」

日本銀行ワーキングペーパーシリーズ 2013年 > (論文)ストレス状況を勘案した相関構造とリスク合算http://www.boj.or.jp/research/wps_rev/wps_2013/wp13j04.htm/ 要旨 金融機関の多くでは、株式と債券を含む有価証券ポートフォリオの市場リスク量を計算す…

[論文]高スキル労働者の転職行動|日銀

永沼早央梨「高スキル労働者の転職行動」http://www.boj.or.jp/research/wps_rev/wps_2014/wp14j03.htm/ 要旨 本稿では、高スキル労働者として「技術職」、「専門職」、「管理職」の3職種に着目し、近年の転職動向について事実整理を行った上で、転職パター…

松島憲之「アナリストの分析における非財務情報の活用」,『証券アナリストジャーナル』52(3),pp.56-66

抜粋 非財務情報に関しては,欧州を中心に,ESG(環境,社会,ガバナンス)をはじめとした非財務情報の適切な開示や,その制度化を求める動きが強まっている.日本でも,非財務情報の重要性を意識した動きが始まっており,「世界知識資本・知的資産推進構想…

日銀「ビッグデータ」、景気判断の秘密兵器に|日経

ソース http://www.nikkei.com/markets/features/53.aspx?g=DGXNMSFS0403N_05032014000000(有料会員限定) 引用 日銀の調査統計局が景気予測の精度に自信を深めている。武器は、昨年秋に始めた約500もの経済統計を詳細に分析する「ビッグデータ」だ。景気の…

[本]ジョン・ケイ『想定外 なぜ物事は思わぬところでうまくいくのか』ディスカヴァー・トゥエンティワン

想定外 なぜ物事は思わぬところでうまくいくのか 作者: ジョンケイ,青木高夫 出版社/メーカー: ディスカヴァー・トゥエンティワン 発売日: 2012/12/14 メディア: 単行本(ソフトカバー) クリック: 4回 この商品を含むブログ (2件) を見る 「例えば株主利益…