Dribs and Drabs

The author hereby agrees to cover each and every topic that caught his attention.

[本]藤田博司『「集合と位相」をなぜ学ぶのか ― 数学の基礎として根づくまでの歴史』技術評論社

確かにこれはユニークな本であって,著者が言うように

本書はこの「集合と位相」という科目の,教科書ではありません

だし,

「集合と位相」で講じられる内容を理解する手がかりを提供するために,本来なら授業に盛り込まれるべき「周辺の話題」「余談」「脱線」といったものを集めた本になっています

なのである。

なので,無知な私は最初に「熱伝導方程式とフーリエ級数」が出てきたことに驚いたし,そこそこちゃんと書かれた証明を読もうと思えば読めるがそこをすっ飛ばしても話として面白い流れになっているのであります。