Dribs and Drabs

ランダムな読書歴に成り果てた

2019-11-12から1日間の記事一覧

鎌田浩毅『やりなおし高校地学』ちくま新書

高校生のとき地学をとろうとはちっとも思わなかったけど,これ読んでみたら面白いしタメになるしで,興味もないくせに受験情報に流されて化学をとって二次試験も受けたのはなんだったんだろうかと。やりなおし高校地学 (ちくま新書)作者:浩毅, 鎌田発売日: 2…

小林標『ラテン語の世界:ローマが残した無限の遺産』中公新書

最初の数ページ読んだけど,名著の予感しかしない。なぜイギリス王室については「royal」という形容詞だけど,日本の皇室については「imperial」であるべきかという話から,ローマ帝国の王政忌避と共和制についての話とか。ラテン語の世界―ローマが残した無…

竹内薫 『「ファインマン物理学」を読む:量子力学と相対性理論を中心として』講談社ブルーバックス

本棚に『ファインマン物理学5 量子力学』が眠っていて,これ幸いと思って買って読んでみたけど,やっぱりダメだった。「ファインマン物理学」を読む 普及版 量子力学と相対性理論を中心として (ブルーバックス)作者:竹内 薫発売日: 2019/10/17メディア: 新書…