Dribs and Drabs

ランダムな読書歴に成り果てた

2020-05-05から1日間の記事一覧

大栗博司『大栗先生の超弦理論入門 : 九次元世界にあった究極の理論』講談社ブルーバックス

前にも読んでいたはずだけど,再読したら「読んだことのない」話でいっぱいだった。記憶していないだけだけど……。 大栗先生の超弦理論入門 (ブルーバックス)作者:大栗 博司発売日: 2013/08/21メディア: 新書 大栗先生の人柄が文章の至るところから垣間見えて…

クリス・マルケル『ラ・ジュテ』

このコロナ禍の中でデートしているカップルを見ると,不思議な感覚に襲われる。ディストピアの中にいるふたり。何かの映画のようだけど,それが何かを思い出せない…。 という内容をFacebookに投稿したら,大学時代のシネフィルな友人から,一言だけコメント…