Dribs and Drabs

ランダムな読書歴に成り果てた

2021-01-09から1日間の記事一覧

青野由利『ゲノム編集の光と闇:人類の未来に何をもたらすか』ちくま新書

「ゲノム編集」まわりの歴史と現在,現代的な課題とかが一通りまとめられていて,良かった。 ゲノム編集の光と闇 ──人類の未来に何をもたらすか (ちくま新書)作者:青野由利発売日: 2019/02/22メディア: Kindle版

ミシェル・ヴィノック『ミッテラン : カトリック少年から社会主義者の大統領へ』吉田書店

ミッテラン――カトリック少年から社会主義者の大統領へ作者:ミシェル・ヴィノック発売日: 2016/08/01メディア: 単行本 そもそも「第五共和政」すら何を指すか分からなかった僕に対しては,とてもいいイントロだった。 文章が簡素にして洗練。翻訳が,そしてき…