Dribs and Drabs

ランダムな読書歴に成り果てた

ヨーロッパ.西洋

藤原正彦『遥かなるケンブリッジ:一数学者のイギリス』新潮文庫

遥かなるケンブリッジ―一数学者のイギリス (新潮文庫)作者:正彦, 藤原発売日: 1994/06/29メディア: 文庫藤原正彦に関してはこれまで「その顔と髪で<品格>とか語るなよ」と思ってたし*1,そもそも数学者としての実績ってどうなのよと思ってたけど,このケン…

池上英洋『イタリア 24の都市の物語』光文社新書

思ってたのと違うけど,これはこれでいい気がしてきた。というか,読むほどにだんだん惹きつけられていく…。イタリア 24の都市の物語 (光文社新書)作者:池上 英洋発売日: 2013/12/20メディア: Kindle版

近藤康史『分解するイギリス:民主主義モデルの漂流』ちくま新書

2年3ヶ月間のイギリス滞在中に,スコットランド独立とEU離脱とふたつのレファレンダムを目の当たりにすると,否が応でもイギリスの政治あるいはそのシステムに興味を持たざるをえなかったわけで,改めてこんな本を手に取ってみました。 分解するイギリス: 民…