Dribs and Drabs

ランダムな読書歴に成り果てた

ラテン語

小林標『ラテン語の世界:ローマが残した無限の遺産』中公新書

最初の数ページ読んだけど,名著の予感しかしない。なぜイギリス王室については「royal」という形容詞だけど,日本の皇室については「imperial」であるべきかという話から,ローマ帝国の王政忌避と共和制についての話とか。ラテン語の世界―ローマが残した無…