Dribs and Drabs

ランダムな読書歴に成り果てた

位相数学 Topological mathematics

415

ジョージ・G.スピーロ『ポアンカレ予想:世紀の謎を掛けた数学者、解き明かした数学者』早川書房

ポアンカレ予想―世紀の謎を掛けた数学者、解き明かした数学者 (ハヤカワ文庫 NF 373 〈数理を愉しむ〉シリーズ)作者:ジョージ G.スピーロ発売日: 2011/04/30メディア: 文庫 ポアンカレ予想に関する本は数多くあって,なんでこれを買ったんだったかな。 ポア…

ロビン・ウィルソン『四色問題』新潮文庫

一松信の本*1と読み比べるために,読んでみた。そして,一松信の本より遥かに良い,という印象を得た(全体的に,一松信の本は「可もなく不可もなく」だし「よくまとまっている」けど,面白さはない)。 四色問題 (新潮文庫)作者:ロビン ウィルソン発売日: 2…

一松信『四色問題 : その誕生から解決まで』講談社ブルーバックス

解決までの経緯を過不足なくコンパクトにまとめているけれど,こういう本は早々に挫折する。 四色問題 どう解かれ何をもたらしたのか (ブルーバックス)作者:一松 信発売日: 2016/05/20メディア: 新書