Dribs and Drabs

The author hereby agrees to cover each and every topic that caught his attention.

[本]ジェームズ・R. チャイルズ『最悪の事故が起こるまで人は何をしていたのか』草思社文庫

最悪の事故が起こるまで人は何をしていたのか (草思社文庫)

最悪の事故が起こるまで人は何をしていたのか (草思社文庫)

これ,タイトルも内容も惹かれるし,ちゃんと読めば面白いのかもしれないけど,こういう文体(洋物のノンフィクションにありがちな,いろんなエピソードを羅列っぽくつないでいくやつ。TVのドキュメンタリー番組に似た手法?)は,どうしても頭に入ってこない……。

『となりの車線はなぜスイスイ進むのか? 交通の科学』でも同じことを感じたけど*1