Dribs and Drabs

ランダムな読書歴に成り果てた

忽那賢志『専門医が教える新型コロナ・感染症の本当の話』幻冬舎新書

専門医が教える新型コロナ・感染症の本当の話 (幻冬舎新書)作者:忽那賢志発売日: 2021/03/02メディア: Kindle版 「ぼくのかんがえた,さいきょうのコロナたいさく」*1なんかではなくて,「国立国際医療研究センター国際感染症センター国際感染症対策室医長」…

中澤渉『日本の公教育:学力・コスト・民主主義』中公新書

日本の公教育 - 学力・コスト・民主主義 (中公新書)作者:中澤 渉発売日: 2018/03/20メディア: 新書 内容的にちょっと肩透かし....むしろ「日本の公教育を検討・分析するためのフレームワーク」といったところで,概念的な話が多かった. 話としては,教育に…

牧野成一『日本語を翻訳するということ:失われるもの、残るもの』中公新書

日本語を翻訳するということ - 失われるもの、残るもの (中公新書)作者:牧野 成一発売日: 2018/06/20メディア: 新書 「翻訳論」というよりは「翻訳をすることから見えてくる日本語論」で(だからNDCも810〔日本語〕になってる),そういう意味では書名通りな…

細野豪志『東電福島原発事故自己調査報告:深層証言&福島復興提言 2011+10』徳間書店

東電福島原発事故 自己調査報告 深層証言&福島復興提言:2011+10作者:細野豪志発売日: 2021/02/27メディア: Kindle版 この本にいろいろとケチをつけるのは簡単で,それは編者解題で開沼博が述べているように,「それは結局,自分(細野豪志)の功績強調・…

朝日新聞取材班『秘録 退位改元:官邸VS.宮内庁の攻防1000日』朝日新聞出版

秘録 退位改元 官邸VS.宮内庁の攻防1000日作者:朝日新聞取材班発売日: 2019/10/18メディア: Kindle版 「退位」と「改元」をめぐる秘話/裏話/攻防/朝日新聞取材班の自分語り. 退位については,当時の天皇陛下,現在の上皇陛下の「ただ『象徴』としてある…

大嶽秀夫『ニクソンとキッシンジャー:現実主義外交とは何か』中公新書

ニクソンとキッシンジャー 現実主義外交とは何か (中公新書)作者:大嶽秀夫発売日: 2014/04/11メディア: Kindle版 「現実主義外交とは何か」について,著者は冒頭でこう要約する. 国際政治については日本人も,それが熾烈な競争の場であり,各国が自らの利益…

ウイリアム・ブロード『背信の科学者たち:論文捏造はなぜ繰り返されるのか?』講談社

背信の科学者たち 論文捏造はなぜ繰り返されるのか?作者:ウイリアム・ブロード,ニコラス・ウェイド発売日: 2014/06/20メディア: Kindle版 背信の科学者たち―論文捏造、データ改ざんはなぜ繰り返されるのか (ブルーバックス)作者:ウイリアム・ブロード,ニコ…

バラク・オバマ『約束の地 上:大統領回顧録 1』集英社

約束の地 大統領回顧録1 上 (集英社学芸単行本)作者:バラク・オバマ発売日: 2021/02/16メディア: Kindle版 本を読むのは他人の人生を体験することだ,みたいなことを誰かが言ってたと思うけど,アメリカ合衆国大統領という唯一無二の職についた人間が書いた…

ロバート・J・シラー『投機バブル 根拠なき熱狂:アメリカ株式市場、暴落の必然』ダイヤモンド社

投機バブル 根拠なき熱狂―アメリカ株式市場、暴落の必然作者:ロバート・J. シラー発売日: 2001/01/01メディア: 単行本 異常なまでに高騰したアメリカの株価の、暴騰と暴落のメカニズムを解明する。FRB議長グリーンスパンの名言を軸に、乱高下する株価の秘密…

尾身茂『WHOをゆく:感染症との闘いを超えて』医学書院

WHOをゆく: 感染症との闘いを超えて作者:尾身 茂発売日: 2011/10/21メディア: 単行本 尾身さんというと「西太平洋地域からポリオを根絶した人」と言われるんだけど,そのポリオ根絶の話は29ページまでで終わってしまった.しかしそのあとも,WHO西太平洋地域…