Dribs and Drabs

ランダムな読書歴に成り果てた

1【哲学】Philosophy

哲学,心理学,倫理学,宗教

外山滋比古『思考の整理学』筑摩書房

メタ認知の本を読んでもメタ認知は得られない……。 思考の整理学 (ちくま文庫)作者:外山 滋比古発売日: 1986/04/24メディア: 文庫 《エディターシップ》ということはよく分かった。 だから書影に帯入れるなって……。

瀧本哲史『2020年6月30日にまたここで会おう:瀧本哲史伝説の東大講義』星海社新書

この「伝説の講義」の対象年齢ではないけれど,少し踏み出してみようかな…という気になった。 2020年6月30日にまたここで会おう 瀧本哲史伝説の東大講義 (星海社新書)作者:瀧本 哲史発売日: 2020/04/27メディア: 新書 京大での講義,自分が学生のときだった…

菅原潤『京都学派』講談社現代新書

曲がりなりにも京都の大学に通い,そして1ページでもあっても西田幾多郎の『善の研究』を読んだ身としては,本書を読まずにはいられませんでした。「京都学派」なる言葉はうっすらと聞いた記憶がありながらも,そこに属する人たちが第二次世界大戦後に「好戦…

小倉紀蔵『朝鮮思想全史』ちくま新書

その厚さに,本屋で見かけたときに怯んだのは事実なんですが,「面白そう」という気持ちが勝って読んでみました。いろいろと不可解なことがあり起こっている「彼ら」のものの考え方や思考様式を理解したい,というのがモチベーションでした。朝鮮思想全史 (…

山本芳久『トマス・アクィナス:理性と神秘』岩波新書

Twitter界隈で非常に盛り上がっている印象を受けまして,興味本位で手を出してみました。が,そういうたぐいの本ではなかった。 トマス・アクィナス――理性と神秘 (岩波新書) 作者: 山本芳久 出版社/メーカー: 岩波書店 発売日: 2017/12/21 メディア: 新書 こ…