Dribs and Drabs

The author hereby agrees to cover each and every topic that caught his attention.

2019-11-11から1日間の記事一覧

[本]ジェームズ・R. チャイルズ『最悪の事故が起こるまで人は何をしていたのか』草思社文庫

最悪の事故が起こるまで人は何をしていたのか (草思社文庫)作者:ジェームズ・R. チャイルズ出版社/メーカー: 草思社発売日: 2017/08/02メディア: 文庫これ,タイトルも内容も惹かれるし,ちゃんと読めば面白いのかもしれないけど,こういう文体(洋物のノン…

[本]藤原正彦『遥かなるケンブリッジ:一数学者のイギリス』新潮文庫

遥かなるケンブリッジ―一数学者のイギリス (新潮文庫)作者:正彦, 藤原発売日: 1994/06/29メディア: 文庫藤原正彦に関してはこれまで「その顔と髪で<品格>とか語るなよ」と思ってたし*1,そもそも数学者としての実績ってどうなのよと思ってたけど,このケン…

[本]山本浩貴『現代美術史:欧米、日本、トランスナショナル』中公新書

現代美術史-欧米、日本、トランスナショナル (中公新書)作者:山本 浩貴発売日: 2019/10/16メディア: 新書 国内外の現代美術の流れが非常によくまとめられているんだけど,よくまとめられているからこそ,いくつか不満が出てくる。不満のひとつは,ここのアー…

[音楽]FreeTEMPO『Oriental Quaint』

久しぶりにFreeTEMPO聴いたら,音の重ね方も曲の展開も陳腐にら感じられて,んーなんなんだ。Oriental Quaint - EPFreeTEMPOダンス¥1100

[本]池上英洋『イタリア:24の都市の物語』光文社新書

思ってたのと違うけど,これはこれでいい気がしてきた。というか,読むほどにだんだん惹きつけられていく…。イタリア 24の都市の物語 (光文社新書)作者:池上 英洋発売日: 2013/12/20メディア: Kindle版