Dribs and Drabs

The author hereby agrees to cover each and every topic that caught his attention.

[本]藤原正彦『遥かなるケンブリッジ 一数学者のイギリス』新潮文庫

遥かなるケンブリッジ―一数学者のイギリス (新潮文庫)

遥かなるケンブリッジ―一数学者のイギリス (新潮文庫)

藤原正彦に関してはこれまで「その顔と髪で<品格>とか語るなよ」と思ってたし*1,そもそも数学者としての実績ってどうなのよと思ってたけど,このケンブリッジ滞在記は面白かった。誰かが書いてたけど,オックスブリッジの「カレッジとユニバーシティ」というわけわからない関係については,この本がいちばん参考になった。

あと関係ないけど,藤原正彦の父が新田次郎だと知ったのはつい最近で,世の中はなんと不公平なんだろうと思った。

*1:まぁこういうものの言い方が「品格」とは相反するものなんですが